ピンボール北斗

進捗状況(2023年7~9月):TOKYOスマート・スクール・プロジェクト【教育庁】

プロジェクトのイメージ

進捗状況(2023年7~9月)

【学び方改革】

○ 高校段階における一人1台端末体制

2023年度都立高校等の新入生については、全世帯を対象にした、負担額が3万円となる補助制度等により購入した、自己所有の端末を活用して学びを深めています。2024年度新入生の端末購入に向けて仕様書の検討を進め、契約公表を行いました。

○ IT人材の育成

希望する都立高校生に対しアプリ開発環境を提供するとともに、プログラミングやデザインなどのスキルを駆使し、限られた時間内に課題を解決するハッカソンを実施しました。また、アプリの開発について技術的支援を行うアドバイザリー業務等により、参加者のアプリ開発を支援しました。

【教え方改革】

○ 教育ダッシュボードの整備

校務系データと学習系データの効果的な連携方法及びデータ分析の有用性について検証を進め、統合型校務支援システムと統合型学習支援サービスのデータを活用した教育ダッシュボードを構築しています。第2四半期では基本設計及び詳細設計を実施するとともに、保護者・生徒に向けた広報を行い、教育ダッシュボードに表示する情報の基となる学習系データの収集を開始しました。

○ デジタルサポーター(ICT支援員)の配置

都立学校への校内無線LAN整備、統合型学習支援サービスの導入等のデジタル環境整備に当たり、機器トラブル等に迅速に対応し、安定した活用を支援するとともに、専門的見地から活用手法の改善や新たな活用法について支援するためのデジタルサポーター(ICT支援員)を引き続き都立学校へ常駐配置しています。

○ 教員のデジタルリテラシー向上・利活用推進

都内全公立学校のデジタル利活用の中核となる教員に対し、児童・生徒の情報活用能力の育成やデジタルを活用したこれからの学びについて研修を実施しました。また、都内公立学校向けに「学びのアップデート」を1回発行し、情報活用能力を育成するための教材の紹介やデジタルを活用した学びを実施する際に役立つ実践例等を紹介しました。

【働き方改革】

○ 統合型校務支援システムの運用

都立学校における業務縮減及び業務の効率化に向け、2022年度に運用開始した統合型校務支援システムについて、円滑な運用につなげるため、ヘルプデスクによる継続した支援や操作説明会・オンライン相談会を実施しました。

○ 定期考査採点・分析システムの整備

定期考査や小テスト等の採点業務の効率化を図るとともに採点結果の集計・分析を活用し、授業改善や生徒の補習等の効果的な取組を推進するため、2021年度に都立高校全校に定期考査採点・分析支援システムを導入しました。2023年度第2四半期では、利用促進に向けた研修を行い、定期考査での円滑な利用につなげました。

今後の取組(2023年10~12月)

【学び方改革】

○ 高校段階における一人1台端末体制

2023年度に引き続き、2024年度入学生の生徒所有一人1台端末についても、端末調達に係る検討や関連する契約準備を行い、円滑な導入を進めます。

○ IT人材の育成

都内の国公私立高等学校等の生徒を対象として、モバイルアプリのプログラミング技術を競うコンテストを開催します。

【教え方改革】

○ 教育ダッシュボードの整備

2023年度中の段階的稼働に向け、システムの開発、テストを進めるとともに、データを継続して蓄積します。また、システムの利用者である教員に対する説明会等を実施することで、システムの利用開始に備えます。

○ デジタルサポーター(ICT支援員)の配置

引き続き、デジタルサポーターの配置により、機器トラブル等に迅速に対応し、安定した活用を支援するとともに、専門的見地から授業等における活用等を支援します。

○ 教員のデジタルリテラシー向上・利活用推進

都内公立学校向けの「学びのアップデート」の配信や都立学校向けのオンラインを活用した実践事例を集めた情報教育ポータルサイトで活用事例の共有化を図る取組を進めます。

【働き方改革】

○ 統合型校務支援システムの運用

より利用しやすいシステムとなるよう改修や追加開発に向けた検討を進めるとともに、ヘルプデスクでの支援等を継続します。

○ 定期考査採点・分析システムの整備

ヘルプデスクと連携し、システムの安定した運用を図るとともに、教員の負担を軽減できるよう、統合型校務支援システムとの連携について開発を進めていきます。